春へ

ひと月ほど更新していませんでした。

 

まずは、先の東日本大震災で被災された方にお見舞い申し上げます。

 

 

 

私の住んでいる市でも震度6弱を記録し、電気や水道などのライフラインがストップしました。

幸いライフラインは一週間ほどで復旧したのですが、その間に熱を出してしまい……余震への不安と高熱にうなされていました。

 

大学の施設にも被害があり、卒業式は中止。知らぬ間に卒業してしまった、という感じ。色々な人にきちんとお別れできなかったのが一番の心残りです。

 

3月一杯は大学への入構が禁止され、アトリエにも入れず、何もしないまま、それまで流れていた時間がいなくなってしまったような感覚で過ごしていました。

 

 

 

 

そして4月。

 

 

菜の花
菜の花

 

まだまだ寒いですが、春がやってきました。

 

まだ学校は復旧作業の途中なので、アパートの周りの草花をスケッチしたり、友達を描かせてもらったりしています。

 

 

 

私は、この春から大学院生になります。

 

この震災を機に、様々なことを改めて考えさせられました。当たり前の生活ができることがいかに幸せか、そして周りの人々の温かさを、こんなにも身をもって体験したことはありませんでした。

 

きっと「描く」ということの意味も、今までとは違ったものになってくると思います。

 

 

 

これから、震災が「過去の思い出」にならないよう、自分にできることをしっかりとやっていきたいと思います。