「REALITY LAB―再生・創造」展に行ってきました

先日、東京ミッドタウンにある21_21 DESIGN SIGHTにいってきました。


21_21では11月16日から「REALITY LAB―再生・創造」展が行われています。

 

社会におけるデザインの役割について考える21_21 DESIGN SIGHTでは、11月16日~12月26日、三宅一生を展覧会ディレクターとして、「REALITY LAB ― 再生・再創造」展を開催します。デザインの仕事を「発想を現実化し、使い手のもとに届けるまでの積極的な試み、すなわち『REALITY LAB(リアリティ・ラボ)』」ととらえる三宅一生の視点から、生命力溢れる「創造の可能性」を探る企画展です。 (サイトより引用)


なんと、この展覧会に筑波大学の情報学類の先生が関わっているのです!(立体折り紙の三谷先生ワークショップもやるみたいです。)
ご縁があって招待券をいただきました。わーい

 

 展覧会では、先日宇宙から帰ってきた「はやぶさ」の模型や、宇宙の石、三宅一生の132 5プロジェクトにかかわる映像や、実際にできた服などが展示されていました。 

 

一番インパクトがあったのはやはり三宅一生の132 5プロジェクトにより生まれた服でしょうか。

このプロジェクトでは、三谷先生の立体折り紙を制作するプログラムを用いて、立体造形を制作。それを上からたたむようにして、再び平面に。その折り線を生かしながら服がつくられています。

 

最小限の折りと縫いによってできた服。

 

折りたたまれた服と、それを持ちあげて服にしてマネキンに着せたものがセットで展示されていて、「えーこれがこの服になるの!?」という驚きがありました。

実際に服を触ることもできて、たたむ作業が楽しかったです^^

 

素材にもこだわっていて、再生ポリエステルを利用し、家庭でも洗えるようになっているみたいです!すごい!

 

 

私は裁縫が趣味で、たまーに自分の服を作ったり、ショーをしたりしているので、こういう服を作ってみたいなーとわくわくしました。

19日にショーを行う予定なのでその様子も後々アップしよう。