2017年

2月

17日

個展の様子

個展が16日から始まりました。

会場の様子を載せます。

ここ1年半くらいの間に描いた新作です。

0 コメント

2014年

8月

05日

8月の展示のお知らせ

久しぶりの投稿になってしまいました。

勤めている短大が夏休みに入り(学生の夏休みです。教員はもう少し)一段落です。

 

8月にはありがたいことに3つの作品発表の機会があります。

8月後半から静岡、愛知、東京で展示がありますので、どれかお近くのものがあればぜひ足をお運び頂ければと思います。

 

 

 

●第26回道化展

「道化(ピエロ)」をテーマにしたグループ展です。

SMからS8くらいまで、6作品ほどだします。

平面だけでなくガラスの立体作品もあるそうです。

  

8月17日〜9月2日(水曜休廊)

11:00~19:00(最終日16:00まで)

亀山画廊(静岡県静岡市葵区鷹匠2-4-40 サン・サウス静岡1F)

http://kameyamagarou.sakura.ne.jp/exhibition.html

 

 

 

●HACOTEN 

2月に個展をひらいたギャラリーKingyoでのグループ展。

「はこ」がテーマです。

私は可愛い可愛い箱入り娘を展示予定です。

   

8月26日〜9月4日(9月1日休廊)

12:00~19:00(最終日17:00まで)

ギャラリーKingyo(東京都文京区千駄木2-49-10)

http://www.gallerykingyo.com/exhibition/2014/0826.html

 

 

 

●第6回トリエンナーレ豊橋

トリエンナーレ豊橋に入選しました。第5回では私の大好きな田中武さんが大賞を受賞なさっていて、3年前から絶対に応募しようと思っていたので本当にうれしいです。

F120号の少女と金魚をモチーフにした作品です。ぜひご高覧ください。

 

8月23日〜9月21日(月曜休館)

9:00~17:00

豊橋市美術博物館(愛知県豊橋市今橋町3-1

 

http://www.toyohashi-bihaku.jp/?page_id=4834

 
 
 
 
 
0 コメント

2013年

10月

31日

ふじのくに芸術祭2013

 

 

ふじのくに芸術祭2013(第53回静岡県芸術祭)において、出品作品≪初花≫がNHK静岡放送局賞をいただくことができました。

公募展でこのような賞をいただくのは初めてのことなので嬉しいです。

 

社会人になってなかなか思うように制作は進みませんが、また頑張ろうと背中を押される気持ちです。

 

ご高覧いただければ幸いです。

 

ふじのくに芸術祭2013

10月29日(火)~11月15日(金) 11月5・11日休館

午前10時~午後5時30分(入場は午後5時まで) 

静岡県立美術館展示室1~6、県民ギャラリー

入場無料

 

0 コメント

2013年

8月

07日

第24回臥龍桜日本画大賞展に入選しました

暑い日が続きますね。

 

社会人になってから描いた作品が臥龍桜日本画大賞展に入選しました!

学生の時に落選していたのでうれしいです。

岐阜県で展示されます。

 

岐阜にお立ち寄りの際はぜひご覧ください。

 

 

第24回臥龍桜日本画大賞展

 

●高山展/平成25年8月31日(土)~9月16日(日) 

     飛騨位山文化交流館(高山市一之宮町3095)

 

●岐阜展/平成25年10月1日(火)~10月6日(日)

     岐阜県美術館(岐阜市宇佐4-1-22)

0 コメント

2013年

4月

27日

上野の森美術館大賞展のお知らせ

気が付けば4月も終わりに差し掛かっていました。

 

更新をしていない間に大学院を修了し、就職していました。

今は静岡で働いています。

 

そして、昨日から、上野の森美術館にて上野の森美術館大賞展が始まっています。

去年も展示させていただいていたのですが、今年も入選することができたので展示させていただいております。

 

いのうえあいの作品は前期展(4/26~5/2)に展示されています。

筑波の後輩も何名か入選しています。

 

上野にお立ち寄りの際はぜひ足をお運びください。

 

 

会期:2013年4月26日(金) ~ 5月8日(水) *4月30日(火) 休館

   

   前期:4月26日(金) ~ 5月2日(木)
   あ~そ 109点(審査委員:6点、受賞作:5点、賞候補:8点、入選:90点)

   後期:5月3日(金・祝) ~ 5月8日(水)
   た~わ 125点(審査委員:6点、受賞作:5点、賞候補:11点、入選:103点)

 

時間:10:00~17:00(入場は閉館30分前まで)

 

入場料:一般 600円 大学・高校生 400円 中学生以下 無料

 

会場:上野の森美術館

0 コメント

2013年

3月

03日

修了制作展のはなし

≪シキ図≫

194.0×388.0㎝

 

 

つくば美術館で行われていた修了展が無事終了しました。

私の作品≪シキ図≫は優秀作品賞をいただくことができました。

卒業した友達、いつも世話になっている方、都内から来られた方などなど、たくさんの方に来ていただきました。

ご高覧下さった皆様ありがとうございました。

 

 

0 コメント

2013年

1月

31日

修了制作展のお知らせ

新年が始まったかとおもえばもう2月。

 

修了制作展のおしらせです。

 

修了制作では2×4mの大作を描きました。今住んでいる部屋と同じくらい。

こんな大きな絵を時間をかけてかける機会がこれからくるのだろうか。。。

 

学生生活最後の展覧会、ご高覧いただければ幸いです。

 

 

 

 

 

修了制作展 (2013年2月22日-2013年2月28日)


つくば美術館

〒305-0031 茨城県つくば市吾妻2-8
開館時間 9:30 – 17:00
祝日を除く月曜日は休館
28日は15:00閉館(入場は14:30まで)

 

アクセス

  • つくばエクスプレス
    「つくば駅」下車A2出口より徒歩3分
  • JR常磐線
    ひたち野うしく駅東口/荒川沖駅東口/土浦駅西口よりバス「筑波大中央」行き、または「つくばセンター」行き乗車「つくばセンター」下車 徒歩3分

 

※できるだけ公共の交通機関をご利用ください。お車でご来館の際は、指定駐車場「南2」をご利用ください。

つくば美術館アクセス


0 コメント

2012年

11月

17日

展示のお知らせ

秋もすっかり深まり。。。すでに冬のような気もしますが。。。

つくばの秋はとても綺麗です。

 

12月にふたつの展示があるのでお知らせです。

 

●第28回 MC展

 

会場:茨城県つくば美術館

会期:2011年12月6日(木)〜12月11日(火) 

   入場無料

時間:9:30 ~ 17:00(最終日は14:00まで)

 

筑波大学大学院博士前期課程で日本画、洋画、版画

を専攻している学生による作品展示です。

大作が並ぶので見応えがある、と思います!

つくば駅からすぐの場所にある美術館なので、

お近くにお住まいの方はぜひご覧ください^^

●公募日本の絵画2012

 

会場:永井画廊(東銀座駅すぐ)

会期:2012年12月3日(月)~12月15日(土)(日曜休廊)

   入場無料

時間:11:30 〜 19:00

 

永井画廊主催の公募展に入選いたしました。3日に表彰式など

あるようです。。。

筑波の日本画勢が結構入賞、入選しています!

画廊のたくさんあるエリアなので、銀ぶらついでに

寄っていただけると嬉しいです^^

 

 

 

以上の2つが12月の展示の予定です!

どちらに出した作品も、人物をモチーフに描いています。

ご高覧いただけましたら幸いです。

 


0 コメント

2012年

10月

19日

筑波大学雙峰祭

blogで告知していたように、10月6~8日に筑波大学にて雙峰祭が行われました。

その中で私は「日本画制作展」と「済美展」に作品をださせていただきました。

その様子をアップしようと思います。

 

 

初花とわたし。
初花とわたし。

こちらは「日本画制作展」に出した≪初花≫です。worksにも載せてあります。

花を食べる少女です。背景に金箔を押してあるので、角度によって見え方が変わります。

 

会場内をフラフラしていたら男の方は揃って「怖い。。。」とか「気持ち悪い。。。」とおっしゃっていました。女性の方からは「綺麗」という感想をいただくことも多かったです。どちらの感想もうれしいです。

 

ちなみに題名の「初花」という言葉にはいろいろな意味があります。日本語って面白いなあと思います。

 

 

済美展の様子。
済美展の様子。

こっちは「済美展」の様子です。一番右の2作品が私のものです。

(後日作品写真をアップします)

 

「済美展」では、私立済美高等学校美術科OGで、現在筑波大学(と、大学院)で日本画を勉強している5人で展示を行いました。

 

高校・大学と同じ所で日本画を学んできた人が5人いるのは結構珍しいのかなと思います。同じ環境で育ったからか、なんとなく気になるモチーフが似ているような?気もします。

 

ちなみに私が年長者です。。。5人で展覧会をするまでは後輩と話す機会もあまりなかったので交流するいいきっかけになりました^^

 

 

学内の芸術専攻ではない方や、学外からいらっしゃった方、いろいろな方に作品を見ていただき、感想もいただいきました。

作品に対して反応をいただくことはとても嬉しく、ありがたく思います。

 

お越しくださった皆様、ありがとうございました

0 コメント

2012年

9月

26日

筑波大学雙峰祭 日本画制作展・済美展のご案内

秋分の日がすぎたら急に寒くなりました。まわりは風邪を引いている人が多いです。。。

 

さてさて来る10月初めの三連休に筑波大学では雙峰祭(そうほうさい)という学園祭が開催されます。そのなかで私はふたつ、作品展示をするのでお知らせです。

 

●日本画制作展

こちらは日本画を専攻している学群の1年生から博士課程の学生までが作品を展示する展覧会です。

100号の大作を出す予定です。

 

日時 10月6〜8日 10:00〜19:00(最終日は16:00まで)

場所 5C棟3階 306教室

 

 

●済美展

こちらは同じ高校(済美高等学校)出身の日本画学生5名による小作品の展示です。

 

日時 10月6〜8日 10:00〜19:00(最終日は16:00まで)

場所 5C棟5階 504教室

 

 

他にも芸術専門学群棟のエリアでは様々な作品展示が行われる予定です。

雙峰祭にいらっしゃるかたはぜひ足をお運びいただければ幸いです。

 

 

 

 

0 コメント

2012年

7月

04日

感謝をする日

久しぶりの更新のくせにすごく個人的なことなのですが、6月の28日に誕生日を迎えました。

 

なんともう24歳です。一つ年を重ねるごとに、思い描いていた大人になった自分と実際の自分のギャップに驚きます。中学生くらいから見た目の変化がないという。。。

 

 

誕生日がちょうど作品講評の日で、先生に「両親に『ありがとう』って言うんだよ」と言われました。

 

両親にありがとうのメールをしたら「いつも楽しく幸せそうだからこちらも幸せだよ^^」と返信が来て。。。うるうる 

両親や兄弟や友人や先生や他にもたくさん自分の周りにいるたくさんの人たちに支えられて本当に幸せ者だなあと実感しました。

そしてこの歳まで自分の好きなことをやれてるのがとても贅沢で嬉しいことだなあと。

 

これからももっともっと美術の勉強をして日本画を知って絵を描いていきたいと思います。

0 コメント

2012年

4月

04日

上野の森美術館大賞展

早くも2012年4月です。

友人が続々と社会人になっていく中、私は新年度になってもそんなに大きな変化はありませんが、気持ち新たにがんばっていきたいなあと思います。

 

一つ、近々作品を展示していただく機会があるのでお知らせです!

タイトルにもある通り、上野の森美術館大賞展に入選いたしましたーうれしい

もし産經新聞をとっている方がいたら、3日の新聞にちょこと名前が載っているかもです。

 

展覧会自体は4月末に始まるので、近くなったらまたお知らせしようと思います。

0 コメント

2012年

1月

29日

perfume 3rd tour JPN

 毎週土日は似顔絵のお仕事をさせてもらっているいのうえですが。今週末はお休みをいただいてリフレッシュしてきました!

 展覧会に行ったりギャラリー巡りをしたりしたのですが。。。なんと言っても目玉はperfumeのライブに行くこと!perfume大好きでフェスではみたことあったのですが、単独ライブは初めて。始まる前からドキドキが止まりませんでした。

 

 まだツアー中なので細かいことは書きませんがとにかくとてもとてもとても楽しかったです!終始口を開けて笑ってたのでのどがからからになりました。ライブの序盤にいつものっちが「みんなはライブを見に来たんじゃなくて、ライブをしにきたのである!!」って言うのですが(今回はちょっとかんでた)楽しいキラキラのライブを作る一員になれたことをとても幸せに思います。何よりもperfumeの三人が心から楽しんでいるのが伝わってきました。

 ライブの最後には追加公演のニュースも!「また行きたいねー!」と一緒に行ったみんなで話しております。もうperfumeの虜です。

 

 

 日曜はお気に入りのカフェでランチを食べたり映画を観たり。

 

 楽しい週末が過ごせたのでまた月曜からがんばろうと思います。

 

0 コメント

2012年

1月

27日

2012

新年が明けて大分日がたってしまいましたが、あけましておめでとうございます。

 

昨年は世間でも個人的にも本当にいろいろなことがありましたが、多くの人との関わりを感じられる一年でした。昨年お世話になった皆さん、それから今年お世話になる皆さん、よろしくおねがいします(・ω・)!!

 

 

私が出品するものではないですが、

平成23年度 芸術専門学群 卒業制作展/博士前期課程芸術専攻 修了制作展

のお知らせです。

 

自分の卒業制作展からもう一年が経ったのだなあと思うと感慨深いです。早い・・・。

お近くの方はぜひ足をお運びください。

 

開催情報

 

  • 卒業制作展 前期(2012年1月31日-2012年2月5日)
    芸術専門学群

  • 芸術学:芸術史・美術史/芸術支援
  • 美術:洋画/日本画/彫塑/書/版画

 

  • 卒業制作展 後期(2012年2月7日-2012年2月12日)
    芸術専門学群

  • 構成:総合造形/クラフト/構成/ビジュアルデザイン
  • デザイン:情報デザイン/プロダクトデザイン/環境デザイン/建築デザイン

 

  • 修了制作展 (2012年2月14日-2012年2月19日)
    博士前期課程芸術専攻

  • 芸術学:美術史/芸術支援/洋画(版画)/日本画/彫塑/書
  • デザイン:総合造形/クラフト/構成/ビジュアルデザイン/情報デザイン/プロダクトデザイン/環境デザイン/建築デザイン

 

 

 

0 コメント

2011年

12月

22日

もうすぐ

クリスマスですね。

年末年始は稼ぎ時!クリスマスももちろん似顔絵屋さんです^^

 

 

クリスマスといえばジングルベルだとかwe wish your merry christmasなんかのクリスマスソングを思い出しますが、私の地元、愛媛の場合クリスマスといえばこの歌です!

 

みなさんよいクリスマスをー!

0 コメント

2011年

12月

17日

冬の日

またまたまたまた久しぶりの更新です。

この前記事を書いたときは秋だったのに、もう冬も本番です。

今日は今年一番の寒さとかで特に寒く。

 

冬の空気は本当に透明で空っぽなんじゃないかと疑ってしまうくらいです。

そんな空っぽの空間を埋めるようにとりとめのない考え事をしながら歩くのが最近のマイブーム。

 

 

 

今日もそうやって考え事散歩をしながらアトリエから帰っていたら、満開の山茶花の下に花弁がたくさんおちていました。

 

きっと今日落ちたものがほとんどなのでしょう。鮮やかな花弁が冬の夜の澄み切った空気

のせいで怖い程綺麗に思えました。

 

 

 

 

 

0 コメント

2011年

10月

17日

じんぱちでの三人展

随分久しぶりの更新となってしまいました…

 

 

筑波大の学生が集う居酒屋、じんぱちにて三人展をさせていただいていましたが、先日、無事展示を終えることができました。

 

居酒屋さんでの展示は初めてで、私の描いた人物がお店の雰囲気とはたして合うのだろうかと心配でしたが、ママさんのアドバイスもあり、空間に溶け込むことができたかなと思います。

 

足を運んでくださった皆様、ありがとうございました!

 

次は12月にあるMC展にむけてがんばりますっ!

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2011年

7月

15日

野沢温泉村に行ってきました。

夏休みが始まって早一週間が過ぎました。

 

毎日暑いですが皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は毎晩暑くて熟睡できない日々が続き……今日やっと扇風機を買って、灼熱地獄から解放されました´`

 

夏休み第一週目は、日本画の風景実習という授業で、5泊6日、長野県の野沢温泉村というところに行ってきました。

 

風景実習というのは、毎年夏休みに行われている、日中外に出て写生をするという授業なのですが……今年は長野だから涼しいかな~と思っていたらそんなことはなく、毎日暑く、つらかったです 汗

 

でも!癒しもありました^^野沢温泉村は無料で利用できるかけ流しの温泉が13か所もあるのです!!

友人と毎晩温泉巡りをするというとてもぜいたくな日々を過ごせました^^

これが無料で利用できる温泉!地元の方がいつも利用している温泉で、少しお話もできました^^
これが無料で利用できる温泉!地元の方がいつも利用している温泉で、少しお話もできました^^

 

 

野沢温泉村は水路が沢山あって、どこにいても水の流れる涼しげな音が聞こえました^^

水路には花も^^
水路には花も^^
地元の方が名物の野沢菜を作る時などに使う湯釜
地元の方が名物の野沢菜を作る時などに使う湯釜
旅館などには必ず写真の様な置物(道祖神)があります
旅館などには必ず写真の様な置物(道祖神)があります

 

 

5泊6日はあっという間に楽しく過ぎていったのですが……

なんと、最終日の夜に、誤って水路(川)にじゃばんと落ちてしまい……

 

少々恥ずかしい実習となりました´`

0 コメント

2011年

6月

30日

素敵な出会い

先週の土曜日に、作品を展示させていただいているじんぱちに素敵なお客様が来てくださいました。

 

 

なんと、5月に参加したAAfJで似顔絵を描かせていただいたご夫婦が来てくださったのです!ご夫婦の娘さん(といういい方は年上なので失礼かもしれませんが…)と、その後友人の方もいらしてくださいました^^

似顔絵を描かせていただいたのは30分足らずの時間ですが、その縁がこうやってつながること、すごくすごくうれしいです。

 

じんぱちではお酒を飲みながら、作品のこと、家庭菜園のこと、地震のこと、似顔絵のこと等……様々なお話をすることができ、とても楽しい時間を過ごしました。

 

帰り際には、こんな素敵なお土産も!

有機栽培で作られた野菜たち
有機栽培で作られた野菜たち

 

沢山の野菜をいただいたので、毎日楽しく料理して、美味しく頂いています^^

 

 

 

サラダうどんにしたり
サラダうどんにしたり

 

 

 

 

野菜たっぷりのカレーやポテトサラダにしたり!
野菜たっぷりのカレーやポテトサラダにしたり!

 

 

この素敵な出会いから生まれた関係をこれからも続けていきたいです^^本当にありがとうございました!

 

また、じんぱちでは7月からの展示者を募集しています!興味のある方はお気軽にメッセージください^^

 

 

 

そして、私事ではありますが、先日6月28日に23歳になりました。大学院に入ってから本当に毎日があっという間に過ぎていきます。日々を、一瞬一瞬を大切に、一歩一歩しっかりと前進していけたらと思います。

 

 

 

 

 

0 コメント

2011年

6月

17日

最近のことと展示のお知らせ

また随分日があいてしまいました。

 

 

まずは!展示のお知らせです。

もう始まっているのですが……

 

つくば市天久保にある居酒屋さん、じんぱちに、作品を飾らせていただいています^^

居酒屋といってもジャズがかかっていてどことなくレトロな雰囲気のお店です^^ママさんがパワフル 笑

7月6日まで展示してあるので、飲みたいけど、お店選びに迷う!という方はぜひじんぱちに足を運んでみてください◎

 

 

 

それから、少し前ではありますが、第8回北の大地ビエンナーレで、誌上入選いたしました。図録のみの掲載となりますが、大学に入ってから公募展、落選続きだったのでうれしいです。(作品は後日アップしたいと思います^^)

 

 

 

 

そして先日の日記にも描きましたが週末は似顔絵やさん、頑張っております。

 

最近描かせていただいたものの中から……

(掲載許可をいただいています)

 

似顔絵やさん、普段は知り合えないような方々と、似顔絵を通して、数十分だけですがお話できて楽しいです。以外な共通点があったりして。この間も誕生日が一日違いのお客様がいらっしゃいました!

 

学校生活の方は、もうすぐ学期末の講評なので焦っています。(筑波大学は3学期制なのです。)

アトリエはすでに蒸し暑いですが、夏バテしないように頑張りたいと思います。

 

 

 

 

 

0 コメント

2011年

5月

14日

似顔絵師、いのうえあい

先週AAfJのチャリティーイベントで似顔絵を描いた私ですが、今週から野中工房さんで似顔絵師として働かせていただくことになりました!

今日はめでたいデビュー日!

 

場所は先週チャリティーに参加させていただいたイーアスつくば。今日はイーアス、全体的にのお客さんが少なかったそうなのですが、 14人の方の似顔絵を描かせていただきました!緊張もありましたが楽しかったです!

 

初めて描いたお客さんたち……きっとずっと忘れないんだろうなーと思います。

 

 

明日も10:00~似顔絵やさんやっていますので、お時間のある方は是非イーアスつくばへお越しください^^

 

 

 

 

 

 

2 コメント

2011年

5月

08日

AAfJに参加しました

また久しぶりの更新になってしまいました。

GWもあっという間に終わってしまいましたが皆様いかがお過ごしだったでしょう。

 

私はというと、5月7・8日に、イーアスつくばで行われたAAfJ(Artists' Action for JAPAN)に参加してきました。

 

Artists' Action for JAPANとは……

 

今回の東日本大震災を受けて「芸術で被災者の方々に何かできないか」と考えた美術大学卒業生を中心に有志が集まりました。

来場者には、アーティストたちが制作した作品から好きなものを選んで持ち帰っていただき、1点につき1,000円の寄付をお願いします。収益のすべてを、日本赤十字社を通じて被災地におくります。
会場では、製作者と直接話すこともできます。「こんな絵を描いて」というリクエストも大歓迎です。3月26日(土)27日(日)から6週間続けて、週末ごとに都内でさまざまに会場を変えながら開催します。

(HPより引用)

 

 

私は会場で似顔絵を描かせていただきました。

 

 

会場の様子。

 

1・2日目とも会場と同時にたくさんのお客さんが来てくださり、似顔絵コーナーおかげ様で好評でした^^

一緒に似顔絵を描いていた門馬さんはなんと仙台からいらしていました!来春から、カリカチュアアーティスト、プロの似顔絵師として働くそうで、お客さんの特徴をよくつかんだ面白い似顔絵を描いていました^^

 

一方私は可愛い系の似顔絵。似顔絵のテイストが全く違う二人ですが、とても楽しく描かせてもらいました^^

 

 

 

似顔絵を描かせてもらったお客様を少し紹介したいと思います^^

(掲載の許可をいただいています。)

 

 

一日目にいらしたお客様。似顔絵師3人とも似顔絵を描かせていただきました!同じ人の似顔絵でも、描く人によって出来上がりが違うのねー^^と言って楽しんでくださいました。

 

 

 

二日目にお孫さんと4人で描かせていただきました!お孫さんがおじいちゃんがUFOキャッチャーでとったお菓子を大事そうに持っていて微笑ましかったです^^

 

 

 

自転車用のカラフルな服できてくださったお客様(似顔絵でもカラフルな服、再現しましたー!)

旅行がお好きなそうで、似顔絵を描いている間旅の話を楽しく聴かせていただきました^^とても笑顔の素敵な方でした!

 

 

 

夫婦でいらっしゃったお客様。

結婚してまだ40年くらいですよー^^とおっしゃっていました……すごい!40年なんてまだ想像もつかないです……とても仲のよさそうなご夫婦でした^^

 

 

 

イベントの最後に描かせていただいたお客様。なんと静岡から(!)ボランティアでスタッフとしていらっしゃったそうです。野球をやっていたそうなので、マッチョなポーズで描きました^^

 

 

 

 

全ては紹介しきれませんが2日間で沢山の方の似顔絵を描くことができました

イーアスつくばでのイベントでは過去最高の売り上げを記録したそうで、AAfJ全体では、400万円以上の売り上げがあったそうです。(全額寄付されます)

 

 

震災後は、絵を描くことに対して後ろめたさを感じることもあり、このイベントに参加することも不安に思っていました。しかし、実際に参加してみてそんな不安はすぐ消えました。スタッフもお客さまも「何か手助けがしたい・力になりたい」という気持ちを持っていたように感じます。会場は終始温かい空気に包まれていました。

私自身は似顔絵を描き始めたばかりで力不足の点が多々ありましたが、皆さんとても優しく、助けられました。「ありがとう」の笑顔が本当にうれしかったです。

 

 

そして、作品によって被災地への支援(義援金)のきっかけになることができたことをとてもうれしく思います。AAfJのイベントはいったん終了しますが、またこのような機会があれば絶対に参加しようと思います。

 

色々な方から元気をもらって、素敵な週末を過ごすことができました^^

 

 

 

 

 

 

 

 

4 コメント

2011年

4月

17日

引っ越し

大学内の桜
大学内の桜

 

 

4月も半ば過ぎ。

 

ここ数日とても天気が良かったせいか、桜は満開を過ぎて、もう葉桜になっています。

 

 

 

私事ですが、先日11日に引っ越しをしました。といっても、遠くへ行くわけではなく、大学近くのアパートから大学内の宿舎に引っ越しただけですが…

 

それでも、3年間過ごしたアパートを去る時は少しさみしかったです。

 

新しいおうち。
新しいおうち。

 

 

大学内の宿舎は古く、荷物を入れるまでは殺風景で、いやだーと駄々をこねていましたが、自分の持ち物を部屋に配置すると案外いい具合にまとまりました。

 

写真は台所のシンクの上の出っ張り(?)です。調味料なんか置くところ。

代々住んでいた人が貼ったであろうテープで汚くなっていたのでタイルを貼りました。

 

宿舎はアパートやマンションに比べて自分の好きなようにアレンジしやすいので、頑張って住めば都にしたいと思います^^

 

 

 

 

0 コメント

2011年

4月

02日

春へ

ひと月ほど更新していませんでした。

 

まずは、先の東日本大震災で被災された方にお見舞い申し上げます。

 

 

 

私の住んでいる市でも震度6弱を記録し、電気や水道などのライフラインがストップしました。

幸いライフラインは一週間ほどで復旧したのですが、その間に熱を出してしまい……余震への不安と高熱にうなされていました。

 

大学の施設にも被害があり、卒業式は中止。知らぬ間に卒業してしまった、という感じ。色々な人にきちんとお別れできなかったのが一番の心残りです。

 

3月一杯は大学への入構が禁止され、アトリエにも入れず、何もしないまま、それまで流れていた時間がいなくなってしまったような感覚で過ごしていました。

 

 

 

 

そして4月。

 

 

菜の花
菜の花

 

まだまだ寒いですが、春がやってきました。

 

まだ学校は復旧作業の途中なので、アパートの周りの草花をスケッチしたり、友達を描かせてもらったりしています。

 

 

 

私は、この春から大学院生になります。

 

この震災を機に、様々なことを改めて考えさせられました。当たり前の生活ができることがいかに幸せか、そして周りの人々の温かさを、こんなにも身をもって体験したことはありませんでした。

 

きっと「描く」ということの意味も、今までとは違ったものになってくると思います。

 

 

 

これから、震災が「過去の思い出」にならないよう、自分にできることをしっかりとやっていきたいと思います。

 

 

 

0 コメント

2011年

3月

05日

おくりもの

 

 

おくりもの制作中。

 

 

 

 

0 コメント

2011年

2月

24日

Ricochet 11th Fashionshow みずきりあそび

 

 

 

日付が前後してしまうのですが…2月6日に、私の所属しているファッションサ―クルRicochetのファッションショーが行われました。

 

今回で服を作るのは最後。ということで、気合を入れました。

 

ショーはいくつかのシーンに分かれているのですが、私は「papyrus(パピルス)」というシーンを作りました。

 

papyrusはpaperの語源となった言葉。

 

その言葉通り、このシーンで素材としたのは、布ではなく紙。

紙の特性を生かした、布では作ることが難しい造形を作ることを試みました。

 

 

 

ではではショーの写真を幾つかのせたいと思います^^クリックで拡大!

(顔はぼかしてあります)

 

 

 

 

このような感じで、真っ白な紙を切ったり折ったり張り付けたりしながら、服を作りました。

 

写真では見えないですが、裏には結構試行錯誤の跡が…汗

 

 

蛇腹折りの服では、かための紙でプリーツをつくりました。

紙の弾力を生かした丸いフォルムもポイントです。頭につけてる物も紙で作りました。

 

トレーシングペーパーを編んだ服は、トレーシングペーパー特有の透け感を狙って。

また、予想外だったのですが「ウォーキングのときにサカサカなる音が音楽と合わさっていい!」というお言葉も頂きました^^

 

 

さらに!実はこれらの服には仕掛けが隠されているのですが…またショーの動画ができたらアップしようと思います。

 

 

 

今回のショーは、今までやってきた中で自分が一番楽しめるものになりました!

 

 

 

 

これから後輩がどんなショーをしていくのか楽しみです^^

 

 

 

 

 

0 コメント

2011年

2月

21日

Tweet Me Love, SPUTNIKO!

 

 

2月20日に、表参道GYREのギャラリーで開催中の「Tweet Me Love, SPUTNIKO!」へ行ってきました。

 

ツイッタ―で募集した人たちに、スプ子の作品をキュレーションしてもらう。

さらに、最終日には、「スプ子っぽいと思うもの」をツイッタ―で募って飾る!

 

というSNSをフル活用した今までにない展覧会。

 

いつかのブログにも書きましたが、トランスフォーメーション展をみてからスプツニ子!さんが気になっていたので最終日に行ってきたのです。

もちろん「スプ子っぽいと思うもの」を持参して。

 

 

             それがこれです→

 

 

前日に色々考えたのですが思いつかなくて、当日に、高円寺をぶらぶらしながら考えて、駅で作りました 寒かった―

 

スプ子さんの作品をみると生々しくてあっけらかんな印象を受けるので、自分なりに…黄金のブタの貯金箱をデコりました。バレンタイン企画なのでハートをいっぱいつけて。

 

 

 

会場に行くとスタッフさん(ツイッタ―募集)が気さくに話しかけてくれて、スプツニ子!さんとも対面。即席で作ったぎらぎらしたブタを「かわいー♡」と言ってくれて、他の方が持ってきたお菓子(茶色いあられみたいなもの)を持ってきて、「こいつのうんちにしちゃおう!」と。

あれよと言う間に、お菓子を食べてうんちするブタさんが出来上がりました。

 

ツイートをみて続々と「スプ子っぽいと思うもの」が持参され、それを「いいねー!」と言ってどんどん展示していくスプツニ子!さん。

 

すべてを受け入れ、肯定していく展示空間。初めての経験でした。

 

 

 

少し話はそれますが、私の好きな本「ぼくは勉強ができない」(山田詠美)の中に、「○をつけよ」というお話があります。

 

「ぼくは、ぼくなりの価値判断の基準を作っていかなくてはならない。忙しいのだ。何と言っても、その基準に、世間一般の定義を持ち込むようなちゃちなことを、ぼくは、決してしたくないのだから。ぼくは、自分の心にこう言う。すべてに、丸をつけよ。とりあえずは、そこから始めるのだ。そこからやがて生まれていく沢山のばつを、ぼくは、ゆっくりと選び取って行くのだ。」

 

すごく好きな部分です。

でも、実際にすべてに丸をつけるのは、とても難しい。

保身のために他を否定したり、大衆の評価に流されたり…

 

そんな中で、スプツニ子!さんの展示は、すべてに丸をつけているようだなと感じました。

会場に持ってこられた様々なもの全てにあっけらかんと○!をつけていくスプツニ子!さん。

 

そんな彼女を好きにならずには居られませんでした!

 

展覧会の様子は、Twitter  #tweetmelove を検索すればみられると思うので、ぜひぜひ。

 

 

 

まずは○!から

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2011年

2月

15日

卒業制作展

 

 

2月1日から6日まで行われた卒業制作展(前期展)が無事終了しました。

 

 

少し火が空いてしまいましたが、会場の様子や作品の写真など載せたいと思います^^

 

前期展では、彫塑・日本画・洋画・書専攻の学生が一緒に展示をします。

 

写真1枚目は美術館に入ってすぐ。

奥の方に私の作品が見えます。

 

 

 

アトリエで制作していた時は、なんて大きいんだと思っていましたが、美術館でみるとすごく小さく見えます。

 

その卒業制作がこちら

 

「みんなともだち」

 

4年生になってからは子どもと大人の違和感だとか、その間の曖昧さをテーマにして制作を行ってきました。(「プレイ・ハウス」や「もしも。し」など)

 

 

卒業制作はそれらの作品のまとめというか、区切りという意識で制作を行いました。

「幼児性」を意識した制作を始めるようになったのには、去年の4月から児童館で指導員として働き始めたことが大きく影響しています。

「みんなともだち」では児童館にあるぬいぐるみ棚もモチーフに組み込みました。

 

児童館の子供たちが展覧会を見に来てくれたのですが。

「あっあおそこのぬいぐるみだー!」といってくいついてました^^

 

友人もみに来てくれて、「かわいいけど、暗いよね」という感想をいただきました。

確かに……

 

 

それから、筑波大学では自画像も一緒に提出します。

 

一番右上が私の自画像。

あやとりをしています。

 

 

 

ところでところで、先日ツイッタ―で、卒展に関する話題が出ていて、結構チクリときました…

修士に進学してからまた美術館で展示する機会があるし、しっかりと考えていかなければならない問題です。

美術館で展示できるという機会をちゃんと自分のものにしなければ!

 

 

 

とにかく、来てくださった皆さんに感謝感謝です。

精進いたします。

 

 

 

 

 

0 コメント

2011年

2月

05日

映画「ノルウェイの森」

もうすぐノルウェイの森の公開が終わってしまう!ということでこの間のレディースデーに映画を観にいってきました。

 

原作も少し前に読んだのですが、本を読み終わったときに感じた変な浮遊感が映画を観終わった後にもありました。

 

劇中の言葉を借りれば「ぼくはどこにいるんだろう」っていう感じですかね

 

特に印象に残ったのが階段を上る二つのシーン。

 

直子からの手紙に喜んで、主人公が寮の階段を駆け上がるシーンと、

直子が死んだ後に二人で住もうと考えていたアパートの階段を上るシーン。

 

同じように下から煽りで撮っているんだけど、主人公の精神状態がよくあらわれておるなーと思いました。

 

あとみんな衣装が素敵だった!特にミドリが可愛かったー

エンドロール見たら装苑がかかわっていたのかな?

 

 

映像はどこを切り取ってもみずみずしくて美しくて、出てくる人たちもみんな魅力的でした。

 

ただひとつだけわからなかったのが(これは原作を読んだ時にもよくわからなかったのだけど)なぜれいこさんは「抱いて」と言ったのか。

何か儀式のような感じはするけれど自分の中ではいまいちピンと来ず…

また時間をおいてみたら感じ方が変わるんだろうなー

 

 

などなど色々考えながらふわふわした気持ちで家路につきました。

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2011年

1月

24日

卒業制作・卒業論文

新年のあいさつがだいぶ遅くなってしまいましたが…

 

本年もよろしくお願いします。

2011年はスタミナをつけて、もう少しタフになれるといいなーとのほほん考えております。

 

 

年が明けてからは、卒業論文・卒業制作に追われていました。

筑波大学は論文も制作もあるんです……泣

 

制作では初めて150号の大画面を描き…(もちろん何カ月か前から描いてましたが)

大きな画面って、体力も精神もすり減るなーと実感しました。

隅々まで愛情注ぐのに一苦労しました。

 

 

そして、先日、卒業制作・卒業論文を無事提出し終えました!ぱちぱち

 

 

卒業制作展が終わったら、こちらにも画像をアップしようと思います。

 

 

 

卒業制作が終わって一段落!また新しい作品に励みたいと思います^^

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

2010年

12月

12日

アーティストイン児童館、他2編

 

11日に東京に行っていろいろ展覧会をみてきましたー!

 

まず一つ目は

 

●創画展(上野の森美術館)

 

会員の藤田教授の作品や、先輩の作品など、たくさんの筑波のひとが入選・入賞していました!

日本画と一口に言っても、支持体の種類、岩絵の具の使い方、マチエールの作り方……

作家さんによって様々で勉強になりました。

会場が狭くて絵を二段に飾らなきゃいけないのが残念……。

 

 

この後アトレ内のご飯屋さんでカレーを食べたのですが、ものーすごーく辛かったです。

隣で同じくカレーを食べていたおばさまに「辛いわよねー。大丈夫?」と話しかけられました 笑

 

 

 

 

●東京アートミーティング トランスフォーメーション

 オランダのアート&デザイン新言語         (東京都現代美術館

 

清澄白河に移動し、現代美術館へ。

一番の目的は、マシューバーニーの「クレマスター」を見ること。高校生の時に美術手帳でマシュー・バーニーの記事を見てからずっと気になっていたのです。

時間の都合で全部は見られず。

現実からずれていくなんとも居心地の悪い感じや、美しい映像(色彩)のなかに映るグロテスクがたまらなかったです。

 

他にはスプツニ子さんの映像作品が好きになりました。

寿司ボーグ・ユカリを観て、以前観た映画「ロボゲイシャ」を思い出しました。

 

 

 

現代美術館は予想以上に作品のボリュームが多く、全部を見られなかったのが残念。

 

 

 

 

 

そして最後に向かったのが

 

アーティストイン児童館  (中村児童館)

 

アーティストイン児童館とは……

アーティスト・イン・児童館とは、子どもたちの遊びの場である児童館にアーティストを招聘するプログラムです。アーティストには、児童館を創作・表現のための「作業場」として活用してもらいます。しかし、子どもたちにとって、アーティストはゲストでも先生でもありません。子どもたちの遊びの活動と、アーティストの創作・表現の活動は対等なものとして児童館の中に共存します。アーティストは子どもたちの遊びの中に創作・表現の活動を見出すかもしれません。また、子どもたちはアーティストの創作・表現の中に遊びを見出すかもしれません。こうした遊び・創作・表現を通して、子どもたちとアーティストが出会っていく場をつくっていくのが、本プログラムの目的です

(webより引用)

 

その、第三回オープンミーティングに参加してきました。

ゲストは、小沢剛さん、山本高之さん。お二方とも子ども扱った作品を作っています。

 

作品のスライドとともにお話を聴いたのですが……とにかくおもしろい。

 

特に山本さんの作った映像からは、子どものあるあると言うか、普遍性と言うか、本質と言うか、そういった自分が通った道でもあり今子供たちをみても感じることが現れていて、大変興味深かったです。

 

山本さんの映像作品はこちら

 

 

その後、質疑応答。

お二方のアーティストとして生きることに対する考えや、決意をきくことができました。二人とも、来場者の質問に真摯に(且つユニークに)こたえていて、素敵でした。

 

懇親会でもお話を聴きたかったのですが、参加できず…残念!

 

 

 

 

久しぶりに東京に行き、濃い一日を過ごすことができました。

 

 

 

 

 

0 コメント

2010年

12月

09日

井上藍個展「ピーポーズ」のレビューが書かれていました。

だいぶ前の話になりますが……

 

今年の1月に、筑波大学内ギャラリ―T+で行った個展「ピーポーズ」のレビューが書かれていたことを昨日知ったのでお知らせです。

 

http://www.geijutsu.tsukuba.ac.jp/t-tasu/info/2384

 

 

会期中の写真もあるのでぜひご覧ください。

 

 

あれからもう1年経とうとしているのかーしみじみ。

 

 

 

来年も学内か学外かは未定ですが個展を行いたいと思っております。

 

 

 

 

 

0 コメント

2010年

11月

28日

「REALITY LAB―再生・創造」展に行ってきました

先日、東京ミッドタウンにある21_21 DESIGN SIGHTにいってきました。


21_21では11月16日から「REALITY LAB―再生・創造」展が行われています。

 

社会におけるデザインの役割について考える21_21 DESIGN SIGHTでは、11月16日~12月26日、三宅一生を展覧会ディレクターとして、「REALITY LAB ― 再生・再創造」展を開催します。デザインの仕事を「発想を現実化し、使い手のもとに届けるまでの積極的な試み、すなわち『REALITY LAB(リアリティ・ラボ)』」ととらえる三宅一生の視点から、生命力溢れる「創造の可能性」を探る企画展です。 (サイトより引用)


なんと、この展覧会に筑波大学の情報学類の先生が関わっているのです!(立体折り紙の三谷先生ワークショップもやるみたいです。)
ご縁があって招待券をいただきました。わーい

 

 展覧会では、先日宇宙から帰ってきた「はやぶさ」の模型や、宇宙の石、三宅一生の132 5プロジェクトにかかわる映像や、実際にできた服などが展示されていました。 

 

一番インパクトがあったのはやはり三宅一生の132 5プロジェクトにより生まれた服でしょうか。

このプロジェクトでは、三谷先生の立体折り紙を制作するプログラムを用いて、立体造形を制作。それを上からたたむようにして、再び平面に。その折り線を生かしながら服がつくられています。

 

最小限の折りと縫いによってできた服。

 

折りたたまれた服と、それを持ちあげて服にしてマネキンに着せたものがセットで展示されていて、「えーこれがこの服になるの!?」という驚きがありました。

実際に服を触ることもできて、たたむ作業が楽しかったです^^

 

素材にもこだわっていて、再生ポリエステルを利用し、家庭でも洗えるようになっているみたいです!すごい!

 

 

私は裁縫が趣味で、たまーに自分の服を作ったり、ショーをしたりしているので、こういう服を作ってみたいなーとわくわくしました。

19日にショーを行う予定なのでその様子も後々アップしよう。

 

 

 

 

 

0 コメント

2010年

11月

28日

#fffメディアアートナイト

10月24日に代官山セドナで行われたplatform主催のイベント「#FFF」ハレカサアーティストとして参加してきました。


ハレカサとは……

傘の内側に直に絵を描き、ギャラリー・美術館をつなぐ傘のシェアリングと、販売を仕掛けます。
雨の日をアートに触れるタッチポイントに変えることで、ハレカサを広げるすべてのひとの気分をハレにします。
アーティスト/クリエイターは、ハレカサを描いて“ハレカサアーティスト”になることで、街中を作品発表の舞台に変えることができます。
ハレカサプロジェクトは、一点モノのハレカサを通じ、ワクワクするような“つながり”を日常の中に作り出していきます。
(ハレカサwebより引用)

というわけで、「さした人の心をハレにする」というテーマでカサに絵を描きました。


カサのタイトルは「レイン・ステッチ」

雨つぶを縫いつけたカサです。



写真だとグレーに見えますが白い絵の具で描きました。
いつもの和紙に岩絵の具の描き味とはまったく違って、難しかった……
でも楽しかったーやっぱり描くこと全般が好きです。


イベントではハレカサアーティストのカサ20本が壁から下げられ、照明で照らされてカッコイイ雰囲気でした。

第1回の#FFFのテーマは「メディアアートナイト」。

筑波大学の内山俊朗さん・AR三兄弟さん・日々の音色のPVを作った川村真司さんがゲストでいらっしゃってました。

三組の方のトークセッションの中の、「新しいだけではいけない」「新しい=古い」「アートっていうとせまくなっちゃう」といった類のお話が面白かったです。



そして、トークセッション終了後、なんと、AR三兄弟の長男、川田十夢さんが私のハレカサを買ってくださいました!パチパチ

自分の描いたものを人が気に入ってくれるというのは何とも嬉しいものです。



一人興奮しながらミッドナイトつくば号に揺られ帰ってきましたとさ。

0 コメント